2014年11月29日

福井県の歴史教えます『ふるさと越前の歴史発掘』

福井語り部の会、ボランテアガイドのベテラン案内人の
友人から、新田塚郷土研究会発行の『ふるさと越前の歴史発掘』が
送られてきた。
発行は、早いペースで3冊目となる
061.jpg


新田塚町は、暦応元年(1336)『太平記』19巻
「新田義貞越前の府の城を落とすこと」に記された日野川の戦いで、
北朝方の武将斯波高経に大勝利した、南朝方新田義貞の戦死の地

日野川の戦いは、南朝方義貞の大勝利となり、しばし越前府中で
兵を休め、陣を整え、やがて北に向かって進撃した

しかし、同年7月藤島城(福井)を偵察のため、
わずか50騎の兵を率いてで陣をでた新田義貞は、
灯明寺畷で不意を打たれ戦死した

万治3年(1660)福井藩主松平光通公は、義貞の兜が発見された
場所に「新田義貞戦死の所」の石碑を建立、それ以来この地を新田塚と
呼ぶようになった。

新田塚郷土歴史会の熱心な取組は、日頃友人から聞いている
今回も、福井県に関係した、歴史上の人物を取り上げ
各自が、さまざまなジャンルで書いている
歴史はおもしろい、一つの事柄からつぎから次ぎへと
繋がりをもち底が深い

歴史を勉強することは、体にも頭にも、最良の薬とおもう




posted by 和姫 at 00:43| Comment(1) | 歴女日記
この記事へのコメント
福井県は歴史の豊富な県ですね

多くの人たちが、歴史に関心をもち、

未来へ語り継ぎ、残していくことは大切なこと

です


Posted by さくら at 2014年12月04日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。