2017年02月10日

越前万歳考A 演目「おはや・良作」と念仏行者無智光導


 越前万歳の歌詞には、新春を祝って繁栄を願う「祝儀,縁起もの」のほかに「囃子もの」「世話もの」「道中もの」「町もの」「軍記もの」など60曲が残されている。そのなかで「おはや・良作」は世話ものにはいる、江戸時代の実話悲恋ものがたりをもとに作られている。

 金沢城下を舞台に、加賀藩家臣.安達弥兵衛のニ男良作と同家の下女であった金沢犀川商家、秋元屋平助の後妻そとの娘・はや十六歳は相思相愛の仲となり親の知るところとなった。しかし藩士の息子と商家の娘、この時代に身分違いの恋愛は許されず、良作は、家来の松原八右衛門を連れて、親に背き名も捨て財産もすて、夫婦約束の証文を身につけ文化五年(一八〇八)五月四日、金沢城下を離れ恋の逃避行に及んだ。しかし、坂井市長畑まで早籠を走らせ、二人の後を追ってきた母・そよが、良作の説得にも応じず、はやを強引に連れ戻そうとしたため、そとを斬ってしまった。その場で、良作はこれまでと覚悟を決め、心中を決意して、事の顛末、わび遺言状をしたため、父に届けるように家来の八右衛門に託した。そして「はや」と共に夫婦として、城下に戻れる事を願う文章をしたため心中を遂げた。時、文化五年五月六日、城を出て二日目のことであった。そして、忠義な八右衛門も又、良作の願いに反し、自らの命を断った。

元禄十六年(一七〇三)鯖江吉江藩の武士の子・近松門衛門は大阪堂島新地天満屋の遊女はつと、内本町醤油商平野屋の手代徳兵の悲恋物語を人形浄瑠璃『曽根崎心中』として発表した。最後の道行の段は「未来成仏うたがいなき 恋の手本となりにけり」と来世で結ばれるという日本人の情緒的感情で結ぶ。この演目を皮切りに「心中もの」がブームとなり、文楽、歌舞伎の演目として採り上げられ、享保五年(一七二〇)に発表した「心中天の網島」は門左衛門の最高傑作となった。しかし、来世で二人が結ばれるという心中事件が多くなり、江戸幕府は亨保八年(一七二三)上演や執筆を禁止、心中を企てたものには重い罰が課せられた。
 「おはや・良作」もまた、自由な恋愛が許されない封建的な社会のなかで、はかなく散った恋は、近松文学作品と重なり、庶民の共感を呼び語り継がれてきた。時代を経て悲劇的な出来事も、越前万歳の演目として大切に取り上げられ継承されている。
万歳の特色を生かし、「徳若に御万歳」で始まり、金沢を出発、北陸道を南下して野々市~大聖寺~細呂木〜金津を通り最終地点福井松本までの地名、名所、旧跡が盛り込まれ、軽妙なタッチで演じられ悲想感はない。最後の句は縁起・祝儀を起源とする「祝い数えて舞い納む」で結ぶ。「おはや・良作」の関係資料が坂井市御油田の演仙寺に残されている。その文字は達筆で、教養のある人物であったとみえる。時代に翻弄され二人の思いは成就しなかったが、二百年以上すぎた今も、越前万歳のなかで二人は生きつづけている。まさに門左衛門の「未来成仏うたがいなき 恋の手本となりにける」である。

223.jpg

おはや・良作の供養塔と供養地蔵堂

坂井市長畑、旧北陸道に面した一里塚があつた場所に、道を挟み供養塔と地蔵堂が建立されている。地蔵堂には、五体の地蔵が収められている。中央には丸彫り立像、足元には小さな地蔵四体が安置されている。地蔵には「俗名為了作」「俗名為早」の名が銘刻され、背面には文久元年辛酉冬 ナムアミダ仏の文字が見える。
道路向かい側には、おはや・良作の勿谷石製の供養塔が、建立されている。塔身正面の丸い特徴のある「南無阿彌陀佛」の文字と右側面「志ゝてのち わがみにそゆる たからにハ なみ阿みだぶに 志くものハなし」の歌は、大聖寺藩江沼郡那谷町、那谷寺の前にあった浄土宗三光院・念仏行者 無智光導が二人を憐れみ捧げたものである。現在寺は、那谷寺参道に新しく建て替えられ、無住であるが、大きな透明なガラス戸越に仏さまを拝むことができる。
233.jpg
光導は、享和二年(一八〇二)石川県江沼郡潮津村宇野川(現在の加賀市野田町)農家の次男として生まれた。文政三年ごろ母親の死を期に出家、大聖寺鈇砲町松縁寺の徒弟となる。その後、京都知恩院にて修行。文政十二、三年の頃には京から戻り、舟見山麓荒谷の鶴ヶ谷近くの岩窟に入り八、九年修行を行い、天保十年(一八三九)三光院に住持する。北陸三県で浄土宗の布教活動に尽力、歌を詠むことを好み、温厚な人柄は良寛さんに似ていた。そんな心優しい光導は心痛め、県境を越え「おはや、良作」の供養のため坂井町長畑へと足を運んだ。
光導の住む江沼郡は、寛永六年(一六三九)加賀藩三代藩主利常が隠居の際、三男利治に大聖寺七万石を与え立藩、強固な城下町を築き、藩の施策として絵付の美しい九谷焼きを奨励した。明治四年廃藩置県までの二三〇年間大聖寺藩は栄えた。江戸時代、野大坪万歳は毎年元旦には金沢や大聖寺の各藩に招かれ、城の大手門は万歳によって開かれ、町並みの玄間先で新年を寿ぐ光景は、正 
月の風物詩となっていた。特に金沢では、万歳師の宿には前田家の家紋「剣梅鉢」をつけた高張り提灯を立てることを許され厚遇された。
加賀万歳は、越前万歳を受継いで文化・文政時代(江戸後期)に起こった。時を同じくして「おはや・良作事件」が起きたのもこの頃である。おはや・良作の地蔵堂・供養塔は、越前万歳と加賀金沢・大聖寺とのつながりを示す歴史の証として残されている。
 
右側面 「志(し)ヽてのち  わがみにそゆる  たからにハ 
                なむ阿みだぶに  志(し)くものハなし」
善導大師                
正面    南無阿弥陀佛     無智 光導  花押 心
                    
左側        天保十ニ年辛丑年三月吉日
                     念仏講中
225.jpg
 「寿ぎの祝言」を今日、聞くことは少ないが、新年、味真野商工会二階で披露される越前万歳は、新年を迎えるにふさわしく、見る人の心を温かくしてくれる。
最近の創作演目「越前名所づくし」は、1500年の歴史ある越前市の名所、旧跡を訪ね観光して一巡する。現代にふさわしく高速道路、ハイテク産業まで織り込まれ、身近に感じられ面白い。一つの演目を演ずるための言葉数の多さに驚き、そして記憶力に圧倒される。「この年で楽しみがあることはありがたいことです」元旦、八十歳を超えた才蔵さんの司会の言葉は「越前万歳」にかける喜び、情熱、魅力、すべてが込められていた。全国の三大万歳の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。味真野には宝のお山がたくさんある。

参考資料 
「味真野歴史を学ぶ講座」越前万歳歌詞について
『坂井郡誌』

                                                                              
                                無断転用を禁ずる
posted by 和姫 at 00:30| Comment(0) | 伝統行事